保育日誌/メリーランド保育園

前のページに戻る

胸骨圧迫30回×人工呼吸2回の大切さ

石橋消防署の救命救急士さんに来ていただき、救命救急の講習を受けました。心肺蘇生(胸骨圧迫・人工呼吸)・AEDの使用方法についてを中心に、窒息や熱中症、痙攣時の対応について確認させていただき、あっという間の2時間半。

 IMG_4403.jpg IMG_4411.jpg IMG_4413.jpg IMG_4415.jpg IMG_4416.jpg IMG_4418.jpg IMG_4419.jpg IMG_4420.jpg

 

乳児から成人までの対応方法を学びました。何度受講しても、やはり受講することで復習になり、定期的な受講の大切さを感じました。

この姿勢が、模範的な姿勢。なかなか維持するのが難しいものです。

IMG_4414.jpg

 

受講をするたびに、こっそりとお財布の中にしのばせておく、このシート。もしものときはと持ち歩いてるのですが、いざというときにだせるのでしょうか。

IMG_4424.jpg

受講をしていても、もしものとき、自分は落ち着いて対応できるのだろうか・・・そんな不安がよぎったのも事実。落ち着いて・・・と心がけても、落ち着いていられない。だからこそ受講が必要なんですよね。

 

救急車が到着するまでの全国平均は約8分。私自身経験していますが、とっても長く感じるこの時間。近くに消防署があるにも関わらず、とても長く感じたのを覚えています。大切な命のために、その時間にできることをしっかりとやっていけたらと思います。


保育士:保坂千恵


この記事のURL : http://www.merryland.ed.jp/hoiku/2018/05/post-579.php